ダイエット中の運動

ダイエット中に有効な運動はコレ!! | ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

ダイエット中に有効な運動はコレ!!

運動

ダイエット中に食事やお菓子などの食生活の改善のほかに必要な事として、運動をする事が上げられます。

 

これは、ダイエットをするにあたって、余分なエネルギーを消費して、脂肪を燃焼させていくとともに、体の筋肉の強化や増量を図り、痩せやすい体へと変化させることが目的にあります。
運動にも有酸素運動と無酸素運動、などの種類がありますので、ここでは、そういった運動と方法について説明していきます。

 

※当サイトおすすめのダイエットサプリメントはこちら

有酸素運動

有酸素運動は、健康維持やダイエットにおいて有効な運動とされています。
例えば、ウォーキング・ランニング・水泳・自転車などが代表的で、全身運動を継続的に行う方法です。
この効果は、心肺機能や持久力の向上が期待され、成人病や肥満の改善に効果的な方法とされています。

 

無酸素運動

無酸素運動は主に瞬発力を使う方法で、筋トレや短距離間のダッシュなどが該当します。
筋肉には、瞬発力系の白筋、持久力系の赤筋、両方の機能をもつ中間筋があり、無酸素運動では主に白筋を鍛えていく事になります。
ダイエット中は、基礎代謝を上げるために、全体の筋肉量を増やす必要があるので、脂肪燃焼は有酸素運動、筋力増強は無酸素運動に大別してトレーニングを行っていく事が理想的とされています。

ダイエット中の主な運動

それでは、ダイエット中に必要とされる主な運動を、有酸素運動・無酸素運動・ストレッチに分けてご紹介します。

 

有酸素運動

ウォーキングやジョギングを継続的に20分以上行います。
ダイエットを初めたばかりの場合は、怪我などをしないためにも、まずは、軽い運動程度に抑えて、徐々に体をなれさせていきましょう。

 

ウォーキング

ダイエット中における序盤では、基礎体力をつけていく為に、まずはウォーキングから始めていきます。
ウォーキングをする際は、いつも通りにただ歩くだけではトレーニングにならないため、普段よりも少し早いペースで歩いていくことがオススメです。

 

 

ランニング

ランニングは、ウォーキングに慣れた次の段階の運動として、始めていきましょう。
最初のうちは、20分間を走るくらいを目標にしていきましょう。
また、無理をせずに疲れが溜まり過ぎたら一旦歩くなど、休憩を入れながらでも、継続的に行う事で効果がでます。

 

無酸素運動

ダイエット中は主に筋トレもしていきます。
これは、筋力を増強して基礎代謝を上げていく事を目的として、はじめのうちは、各種目10回程度を2〜3セットと軽めから丁寧に行っていきます。

 

プッシュアップ(大胸筋)

 

クランチ(腹筋上部)

 

ダブルクランチ(腹直筋)

 

ツイスト(腹斜筋)

 

ヒップリフト(ハムストリングス)

 

スクワット(大腿四頭筋・ハムストリングス・大臀筋)

 

ストレッチ

トレーニング前と後に行い、けがの予防と疲労回復を目的とします。
柔軟性や体幹も同時に鍛えられていく効果もあります。

 

基本ストレッチ

準備体操としても最適の方法なので覚えておきましょう。

 

ストレッチ@

怪我や故障予防のほかに、お風呂上りなどに行う事で、体の緊張や疲れをほぐす事もできます。

 

ストレッチA

運動前の「準備」と、運動後の「ほぐし」に行う事で、怪我予防のほかに、疲れを翌日に持越さないようにしておきます。

 

ストレッチB

下半身を中心のストレッチです。

 

ダイエット中の食事間食