ダイエット中の食事メニュー

ダイエット中の食事メニューは、コレで太らない? | ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

ダイエット中の食事メニューは、コレで太らない?

メニュー

ダイエット中の食事メニューや食べる順番、仕事環境などにより食事の摂り方で太ってしまう場合があります。

 

そうした肥満の原因となる食事メニューなどの考え方をどう改善していくのか?とここでは考えていきましょう。

 

まず、わたしたちの生活で一般的な食生活は、「朝・昼・晩」の一日3食とされています。

 

しかし、仕事や様々な環境によって必ずしも全員が規則正しい生活を実践できるとは限りません。
特に食事を摂る時間帯や食事メニューなどを選べない場合も多くあり、健康的に過ごしたくても、気づかないうちにバランスの悪い食事をし過ぎてしまっているという事もあります。
そこで、まずはこの3食についてダイエット中の食事メニューのヒントを交えて説明していきます。

 

※当サイトおすすめのダイエットサプリメントはこちら

 

ダイエット中の食事メニューのヒント@

朝食はジュースやスムージーに置き換える

 

体のリズムとしてAM4:00〜PM12:00までは排泄の時間帯と言われています。
この時間帯では排泄機能を圧迫しない様に、しっかりとした食事はできれば避けておきたいものです。
特にダイエット中である事を考えると、食事を摂るよりも、排泄の邪魔をしないように、食事メニューはジュースやスムージーに置き換えて、消化に負担をかけないようにしていきます。
食事メニューは特にスムージーにして噛む様にして飲むと、満腹感も得られるので、朝お腹が減る方には最適な方法となります。
この方法で朝食の食事メニューにする場合は、腸の動きを悪くしない様に、冷やし過ぎに注意して、できるだけ常温で摂る様にしましょう。

 

ダイエット中の食事メニューのヒントA

昼食や夕食の栄養の割り振り

 

ダイエット中であっても、ダイエット中でなくても、わたしたちの体に必要な栄養として、「三大栄養素と五大栄養素」があります。ダイエット中においても必要な栄養素ですが、摂り過ぎは禁物です。
食事量を減らしたとしても、間違った配分で食事をしていると、食事やお菓子を食べ過ぎている場合と変わらない場合もあります。
そのため、昼・晩の1食あたりの食事メニューの配分を考えていく必要があります。
昼食や夕食の食事メニューを考える場合は、栄養過多や、栄養不足にならない様にカロリーと食事量と栄養のバランスを保つ事が必要です。
特にダイエット中は、ビタミン・ミネラル・タンパク質を充分に補充する必要があるため、昼食や夕食は野菜と肉、魚などを中心にして、糖質は少なめにすることが栄養バランスの良い食事メニューのコツとなります。

 

ダイエット中の食事メニューのヒントB

昼食はしっかり、夕食はやや少なめ

 

一日の活動の中で、食事を一番多く摂るのは、消化の時間も十分に取れる昼食にして、夕食は、就寝時間前になるので消化不良などにならないように、昼食よりも少なめにしておきましょう。
また、夕食は就寝の3時間前に済ませる事が消化不良お起こさないポイントとなります。

 

ダイエット中の食事間食