ダイエット中寝る前にやること

ダイエット中は、寝る前にこうすると痩せやすくなる | ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

ダイエット中は寝る前にこうすると痩せやすくなる

睡眠

ダイエットといえば、食事方法が真っ先に浮かびますが、食事方法以外にも睡眠も実はダイエットと深い関係があります。
端的に言うと、良質な睡眠はダイエットの効果を上げてくれるので、寝る前には入眠しやすくすることをおすすめしています。
睡眠によるダイエット効果については、睡眠時間とその時間帯によるものなのですが、一般的には健康的な睡眠は6〜8時間とされています。
更に良質な睡眠を取ろうとすると、実はPM22:00〜AM2:00を挟んで睡眠を取るとよりダイエットにも効果的であると言われています。
これは、PM22:00〜AM2:00に眠っていると、この時間帯に一番多く成長ホルモンが分泌され、新陳代謝に効果的であると言われているからなのです。
この時間帯を挟んでいると、体のリセットや体力回復が活発に行われて、翌日の疲労の残り方も大幅に変わると言われています。
その為、ダイエット中のトレーニングの後や、ダイエットに有効な食事をした場合は、寝る前の入眠準備をしっかり行い、この時間帯になるべく睡眠を取れる代謝を促進させる様にしていきましょう。

寝る前にこうすると寝つきが良くなる

ダイエットと睡眠の関係は、睡眠時間だけではなく、寝る前に寝つきを良くする事でダイエットへも良い影響を与える事ができます。
これは、簡単に言うと、寝る前に寝つきを良くしていく事で、生活習慣を改善して、健康的な体にしていく事で、結果的に痩せやすい体作りへと影響を与えるところにあります。
逆に、寝つきが悪ければ、生活習慣は乱れ、免疫低下や、寝る前や夜中に食事やお菓子などを口にしてしまい、肥満の原因ともなってしまいます。
そのため、寝る前の準備が必要になります。

 

では、寝る前の準備として「寝つきを良くする」という事はどうしう事なのか?
これは、寝起きに体内時計をリセットする事がポイントになります。
わたしたちには体内時計が備わっており、この体内時計は1日25時間周期で時間を刻んでいると言われています。
その為、仮に起き続けていると時間がどんどんズレていくのですが、睡眠を取る事で体内時計がリセットされる仕組みとなっています。

 

厳密には、私たちが朝起きて日に当たると体内時計がリセットされます。
そして、この日に当たった時に体内にあるメラトニンという成分が約14〜16時間後に分泌されるようにセットされます。
このメラトニンは睡眠ホルモンで、分泌され始めると眠くなる作用を持っているため、メラトニンのセットの仕方で寝る前の寝つきが変わってくるのです。

 

その為、寝る前の準備は実は朝起きたときに行う事が有効とされており、朝起きたら、外が雨でも日の光を浴びて、メラトニンをセットする様にして行きましょう。
寝る前の準備として、特に、睡眠時間を計算して、毎日同じ時間帯に日に浴びる事で、睡眠が安定し、健康的な生活習慣になると共に、代謝も上がりダイエットにも効果を発揮してくれるのです。
こうした、寝る前の準備や、寝る前に入眠をしやすくすることを習慣づけるためにも、朝起きたらなるべく外に出て、体操をするなどちょっとした工夫をしていくと良いでしょう。

 

ダイエット中の食事間食