ダイエット中の外食ランチ

ダイエット中の外食ランチで気をつける事 | ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

ダイエット中の外食ランチで気をつける事

外食

仕事や友人とのつきあい等でランチでも外食する機会がありますが、ダイエット中である場合は、その1食を気にしてしまいます。
そこで、ランチで外食をする場合に気を付けておきたいことを説明していきます。
まず、ランチで外食をする場合は、糖質の摂り過ぎに注意しましょう。

 

これは、ダイエット中の方であれば分かる内容ですが、糖質は脂肪の素でもあるので、米・パン・麺類などは特に注意が必要です。
次に、ランチで外食をする場合、食べる順番に気を付けていきましょう。
特に多くのお店でランチタイムはセット販売となっている事がよくあります。

 

それは、洋食であればサラダ・スープ・肉や魚、あるいはパスタやパン、また和食であれば、味噌汁・お新香・副菜・主菜・ごはんなどの主食があげられます。
せっかくのランチを外食で済ませるのであれば、あまり残さずに美味しく頂きたいところです。
そうなると、外食での予防策としてランチの食べる順番を注意していきましょう。
これは、糖質を最後にする事で、血糖値の上昇を緩やかにしてなるべく脂肪を溜めない様にしていく方法となります。

 

順番は最初に汁物や生野菜を食べます。
こうする事で、必要な栄養を吸収し、血糖値を緩やかに上げる事で脂肪をつきにくくさせます。
次に副菜、そして主菜を食べます。
主菜は主に肉や魚などが多く出されるので、ダイエットに必要なタンパク質をたくさん補給しておきましょう。
そして最後に炭水化物などの糖質を口にします。
炭水化物を最後にする事で、糖質の吸収を抑えて太りにくくしていくのです。
このように食べる順番で、体に吸収される効率も変わっていくので、大切なポイントになります。

 

※当サイトおすすめのダイエットサプリメントはこちら

ダイエット中の外食ランチは和食がおすすめ

外食ランチをする際のおすすめは和食です。
和食でも特に定食は一品ずつの量はさほど多くなく、品数があるため食べる順番に工夫がしやすいのです。

 

これを例えば、ランチを洋食にしてしまうと、少ないサラダにたくさんのパスタなどになり、炭水化物を大量に摂ることになるので、栄養面でもカロリー面でもバランスが悪いですね。
ランチで麺類は、糖質のみを摂るような事になってしまいます。

 

そうした事を考えてみると、和食には主菜・副菜・酢の物・汁物・主食とバランスの良い食事を摂る事ができ、かつ食べる順番もバリエーションを持つことができるのです。
そうしたことから、外食ランチはできるだけ和食にした方がダイエットに向いたランチを過ごす事ができるのです。

 

ダイエット中の食事間食