ダイエット中の栄養

ダイエット中に必要な栄養素は? | ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

ダイエット中に必要な栄養素は?

栄養

わたしたちが毎日元気に活動していく中で必要な栄養素があります。
それは、「三大栄養素」や「五大栄養素」と言われる栄養素です。
この栄養素はダイエット中でも必要で、健康的に美しく痩せるためにも、意識して摂る様にしましょう。

 

但し、必要がある栄養だからと、食べ過ぎには注意をしていきましょう。

 

※当サイトおすすめのダイエットサプリメントはこちら

ダイエット中も必要な三大栄養素と五大栄養素

私たちの体に必要な栄養素を、「三大栄養素」や「五大栄養素」と言いまが、三大栄養素は、糖質・タンパク質・脂質の三種類を指し、五大栄養素は、糖質・タンパク質・脂質のほかに、ビタミンとミネラルと加えた栄養を言います。
ここでは、それぞれの栄養の働きをまとめてみました。

 

糖質

糖質は、主に体を動かすエネルギーとして必要な栄養素で、炭水化物tから多く摂れる成分です。
炭水化物は糖質の塊りと言っていいほど含有率が高く、肥満の原因としてもしばしば上げられます。
この糖質は、摂取すると体内で分解されて体中に活動エネルギーとして配られていきますが、糖質が余ると、体の予備エネルギーとしてお腹まわりに付いている「中性脂肪」に変換して蓄えてしまいます。
このため、ダイエット中でも、糖質は必要になりますが必要な栄養素だからと、食事やお菓子を食べ過ぎるとなかなか痩せられなかったり、リバウンドの原因となりますので注意が必要です。

 

タンパク質

タンパク質はダイエット中において、非常に重要な役割を担っています。
それは、タンパク質が筋肉を作る栄養であるためです。
この筋肉は基礎代謝を向上させる為にも必要になり、結果的にエネルギー消費量を左右していくことになります。
基礎代謝量は多ければ多いほど、何もしていない状態でもエネルギーを消費していってくれるので、筋肉を作るタンパク質はダイエットに必要な栄養となります。
こうしたことから、ダイエット中は基礎代謝が高い方が痩せやすい体を手に入れる事ができて、スムーズに痩せていけるのです。
しかし、タンパク質が不足していると筋肉が増えるどころか、減ってしまう可能性があります。
そうなると、基礎代謝量が落ちて、痩せにくい体となってしまします。
その為、ダイエット中の栄養はこのタンパク質を一番多く摂る事が良いとされていて、タンパク質をたくさん含む肉・魚・大豆などを、摂る事が良いのです。

 

脂質

脂質は糖質と同じく体のエネルギーとなる栄養で、糖質は短時間の運動のエネルギー、脂質は長時間の運動のエネルギーに有効と言われています。
また、脂質は脂溶性のビタミンを補給するのに使われていくので、脂質の摂り過ぎには注意が必要ですが、摂らなさすぎるとビタミンの吸収が上手くできず、お肌の乾燥や、骨粗鬆症を招いてしまうので、ダイエット中であっても適量摂る必要がある栄養とされています。
ダイエット中に脂質を摂る場合は、オリーブオイル・エゴマ油・ごま油から摂ると良いとされていますが、食事やお菓子に含まれるラードやバターの摂り過ぎは肥満の原因とされているため注意が必要です。

 

ビタミン

ビタミンという栄養は大まかに、体の生理機能の維持や、体組織を作る為の代謝に関わることがほとんどです。
このビタミンは体内で作られる事が少ない為、食事から摂取していく事を中心に補給しなければいけない栄養でもあります。
その為、特にダイエット中は、食事やサプリから栄養補給をしていく様にしましょう。
各ビタミンの種類は次のように分けられます。

 

ビタミンA

皮膚や粘膜を健康的に保ち、感染を防いだり、成長を促進してくれます。
レバーやウナギ、ほうれん草、かぼちゃ、人参に多く含まれる栄養です。

 

ビタミンD

骨の形成や石灰化を促進し、骨を強くしてくれます。
サケやサンマ、イワシ、マグロ、生卵、きくらげに多く含まれる栄養です。

 

ビタミンE

活性酸素をなくして、抗酸化作用による老化防止をしてくれます。
うなぎやモロヘイヤ、アーモンドに多く含まれる栄養です。

 

ビタミンK

怪我など出血した場合の血液を固めて止血してくれます。
納豆やわかめ、抹茶に多く含まれる栄養です。

 

ビタミンB1

糖質の代謝に関わり、神経組織を正常に動かしてくれます。
豚肉や鯛、たらこ、ブリ、そば、ひらたけに多く含まれる栄養です。

 

ナイアシン

糖質や脂質、タンパク質など様々な物質の代謝にかかわります。
若鶏や豚レバー、カツオ、サバ、ブリ、ピーナッツに多く含まれる栄養です。

 

ビタミンB2

糖質と脂質の代謝にかかわり、全身に細胞の再生と成長を促してくれます。
豚レバーやウナギ、カレイ、うずらの卵に多く含まれる栄養です。

 

ビタミンB6

神経伝達物質を合成してくれます。
鶏ささみや牛レバー、マグロ、サンマ、にんにくに多く含まれる栄養です。

 

葉酸

造血作用があり、貧血予防効果があります。
鶏レバーや菜の花、ブロッコリー、枝豆に多く含まれる栄養です。

 

ビタミンB12

細胞分裂や造血機能をサポートしてくれます。
牛レバーやアサリ、シジミ、スジコ、サンマに多く含まれる栄養です。

 

パントテン酸

糖質や脂質などのエネルギー代謝にかかわります。
鶏レバーや子持ちカレイ、うなぎ、納豆、アボカドに多く含まれる栄養です。

 

ビオチン

皮膚や粘膜を守ります。
鶏レバーや卵黄、ピーナッツやアーモンドに多く含まれる栄養です。

 

ビタミンC

抗酸化作用とコラーゲン合成にかかわり、老化防止をしてくれます。
赤ピーマンやブロッコリー、じゃがいも、柿に多く含まれる栄養です。

 

ミネラル

ミネラルは、体の成分の4%を占める元素の事です。
このミネラルは体を作るうえで重要な役割をはたしています。

 

カルシウム、リン、マグネシウム

カルシウム、リン、マグネシウムは、骨や歯などの組織を作るのに必要なミネラルで、イワシや牛乳、ほうれん草、バナナに多く含まれている栄養です。

 

鉄、リン、イオウ

鉄、リン、イオウは、タンパク質や脂質などと結合して体の成分となっていき、豚レバーや卵に多く含まれている栄養です。

 

ナトリウム、カリウム、塩素、マグネシウム、リン

ナトリウム、カリウム、塩素、マグネシウム、リンなどは体液中にイオンとして存在して、筋肉の収縮や神経伝達にかかわっていきます。
梅干や糠漬け、ほうれん草、などに多く含まれている栄養です。

 

マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、コバルト、ヨウ素

マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、コバルト、ヨウ素は代謝の調節にかかわっており、キメダイやほうれん草、イイダコ、栗、納豆、乳製品、に多く含まれている栄養です。

ダイエット中こそ充分な栄養補給を!!

このように、ダイエット中にも必要な栄養は数多くあります。
その為、ダイエット中こそ食事で必要な栄養を摂取し、しっかりと体調かんりをしていくようにしましょう。
また、毎日の食事内容のバランスにも気をつけて、一度に食べ過ぎない様に気をつける事も必要です。
そうして、バランスの良い食事をする事で、より健康的に美容にも効果を発揮しながらダイエットをしていく事ができるのです。

 

ダイエット中の食事間食